国東市で車なし生活【2日目/自転車②】

前回の記事:国東市で車なし生活【1日目/徒歩】
      国東市で車なし生活【2日目/自転車①】

【くにさきサイクリングロード】

風は強いが海は青く、向こうにうっすらと四国が見えた。まるで佐渡のようだ、とつい思ってしまう。私の故郷である新潟市では夕日が日本海に沈み、天気のいい日は海の向こうに佐渡島が見える。海に沈む夕日が見たくて豊後高田市に住みたいと思っていたけれども、四国を望む国東市の海にもなんだか懐かしさを覚えた。国東市もいいかもしれないなあ、と考える。
もちろん、この時期の日本海とは比較にもならないほど穏やかで、とにかく青い。透明度も高く、浅瀬では海の底が見える。あまりに美しいので「入れるんじゃないか?」と思ってしまい、砂浜におりて手を浸してみたら(当然だが)思わず手を引っ込めてしまうほど冷たかった。濡れた手に風が当たってじんじんと冷える。コートも着ずに軽装で来てしまったけれど、そういえばまだ2月なのだ。「九州は意外と寒い」と思っていたけれど、そう考えるとやはりかなり暖かい。
IMG_3596.JPG

近所の方だろうか、女性の二人連れとすれ違う瞬間「こんにちは」と声をかけられた。それが心地よかったのでその後すれ違う(または追い越す)すべての人に「こんにちは」と声をかけてみたところ、男女問わずほぼ全ての人が「こんにちは」といい笑顔で返してくれた。驚いた。そして驚いている自分にも驚いた。新潟はそんなに愛想のない土地だっただろうか。近所ならば挨拶もするし、それなりに返ってくる。しばし考えてようやく、私がそもそも知らない人に挨拶することがなかったのだな、と思い至る。新潟でもこちらから挨拶してみたら返ってくるのかもしれない。しかし、この日すれ違った人たちには「挨拶し慣れている」感じがあった。たかが挨拶なのだけれども、なんとなく自分が受け容れられているような気がして心があたたかくなる。素敵なところだな、と思う。


【富来エリア】

「富が来る」と書いて「とみく」と読むという、なんとも縁起の良い名前がついたこのエリアには、富来神社と呼ばれる神社があり、宝くじ(=富くじ)を買ってお参りするといいとか外れくじを持っていくと次は当たるとかいろいろな言われがあるようだ。「開運ロード富来路(とみくじ)」と名付けられた約10キロの道(10m×1000で「とうせん」=「当選」に掛けているらしい)があり、そのスタート地点にあたる富来港には「マネーき猫」だとか「願い橋叶い橋」だとか些かあやしいモニュメントが並んでいる。個人的にはもともとの良さが失われてしまうようでもったいないと思ってしまうが、地元の人の「なんとかして盛り上げたい」という意気込みを感じる場所だ。
IMG_3601
富来港のそばには怪しい看板が。この奥の公園に招き猫の像がある。


【松風】

富来小学校を過ぎたあたりに「海鮮丼」「たこちゃんぽん」とのぼりが見えた。まだ新しそうな店構えで、店内は明るい。当初の予定通りたこちゃんぽんを頼むと「具沢山でちょっと量が多いですけど、大丈夫ですか?」と奥さんが聞いてくれた。朝ごはんも食べずに自転車を漕いできてすっかり空腹だったので「むしろありがたいです」とお願いした。
外にいる間は気がつかなかったが、随分身体が冷えていることに気づく。熱の戻ってきた手がじんじんとかじかむ。温かいお茶が嬉しい。「どちらから?」と聞かれたので「新潟です」というと「えーー!!」とここでもまた驚かれた。「国東市の地域おこし協力隊の面接があって」というと喜んでくれて、こちらまで嬉しくなってしまう。
たこちゃんぽんは、たこのつみれと、たこいかえびがたっぷりと入った贅沢な一品だった。美味しくいただいて帰ろうとすると、奥さんが「これ、私からお土産」とアップルパイをくださった。恐縮するが「せっかく新潟から来てくれたんだから」というのでありがたくいただくことにする。ご家族そろって「面接がんばってね」と送り出してくれて、私も「また来ます」と約束して店を出た。
IMG_3603.JPG
たこがごろごろ入っている。
柚子胡椒(右)を入れるとまた風味が変わって美味しい。


【今日のまとめ】

海沿いは平坦な道が続くので、自転車での散策にはちょうどいい。ただ、国東半島のいちばん国東半島らしい部分は山にある(と私は思っている)上、ひとつひとつの寺社が意外と離れているので、自転車のみで観光するのはなかなか厳しそうだ。
くにさきサイクリングロードのマップに「ハラハラドキドキ」と書いてあったが、そんなこともないだろうと高をくくっていたら思いの外ドキドキだった。数カ所行き止まりがありサイクリングロードを外れて国道を通らされるのだが、それが面白い。景色も変わるし、気が抜けない感じがいいのだろうか。手元の地図と道沿いの案内板とを見比べながら進むのは、まるでオリエンテーリングのようだった。今回は寒くて富来で折り返したが、春になったらもっと遠くまで行くのも楽しそうだ。
そして、松風のアップルパイはりんごがたっぷりでとても美味しかった。