古民家サロンでリフォームを学ぶ。

「(大分に行ったら)空き家をリフォームして住みたい」とあちこちで言っていたら、友人が「それなら咲屋さんに話を聞いてみるといいよ」と教えてくれた。

タイ古式マッサージのサロン「咲屋」は新潟市西区の住宅街にある。
サロンの他に貸しスペースをやっていて、私もイベントで2度訪れたことがあった。造りはいわゆる日本家屋だが、広々とした二間続きの和室から庭が見えて、すっきりと居心地の良い素敵な場所だったのを覚えている。オーナーの麻衣子さんは、築40年ほどの物件を自分で直して住んでいるのだそうだ。麻衣子さんに事情を伝えて「お邪魔したいです!」と言ってみると、二つ返事で了承してくれた。

翌々日、咲屋に伺った。
キッチンで椅子を勧めてもらい、お茶をいただく。白い壁際には観葉植物が置かれ、白いカーテンのかけられた窓から光がやわらかく差し込んでいる。明るい印象のキッチンだ。しかし話を伺ってみると、以前は床も壁ももっと暗い色だったらしい。全体的にどんよりとした雰囲気だったので床にクッションフロアを貼り壁を白に塗り替えたのだという。麻衣子さんはクッションフロアの境目を指して「素人仕事だからよく見ると雑だけど」と言うけれど、よくよく見てみなければ気にならない。
麻衣子さんは、この家の前にも古い一軒家を改造して住んでいたのだそうだ。そうやって手直しすること自体が好きなので、ある程度家が出来上がってくるとまた違う家に住みたい気持ちが出てくるのだとか。楽しそうに話す麻衣子さんを見ていると、こちらもついわくわくしてしまう。

その後、和室とサロンスペースも案内してもらい、手を加えた部分について丁寧に教えてもらった。たとえば、畳の上からござを敷く、照明を変える、砂壁を簾で隠す(簾は夏がお買い得らしい)など、ほんの一工夫で家の表情が変わる。「お金があればいいものが買えるのは当たり前。でもそれだと面白くないんだよね」と麻衣子さんは言う。

麻衣子さんの極意を私なりにまとめると、まずは家に何度も足を運ぶことからだ。
最初は(前の住人の荷物があったり障子が破れていたりして)「なんかちょっと違う」と思うかもしれないけれど、「ここの壁の色を変えたらどうなるだろう」「ここの襖を取り払ったら」「ここの照明を付け替えたら」と想像を膨らませていく。自分の住みたい部屋のイメージとその家のイメージが重なったら、あとは実現するだけだ。とにかく「こういう家に住みたいっていうヴィジョンをしっかり持つのが大事」だという。(たとえば、咲屋のコンセプトは和の雰囲気を残しつつもアジアンテイストを取り入れた空間で、正にそのとおりの場所に仕上がっている。)
「こうしたいっていう気持ちがあれば、あとは工夫次第でなんとかできるから」と話す麻衣子さんは生き生きとしていて、きっといかに工夫するかという部分に楽しみを見出しているのだと思った。


【今日のまとめ】

先月、実際に空き家を見てまわった結果ちょっと心が折れてしまい「久しぶりに1K暮らしもいいかも…(トイレが綺麗だし)」と思ったりもしたけれど、麻衣子さんのお話を聞いているうちに空き家を探したい気持ちががっつり再燃した。(麻衣子さんの名言「100均とホームセンターがあれば大丈夫」)(しかし水回りはきちんとしているところを選ぼうとも思った。)
お邪魔する前に麻衣子さんのブログ(くつろぎの古民家サロン咲屋~さくや~)を見ていたら「世界一気持ちいい」というタイ式マッサージを受けたくなってしまって、一通り案内してもらった後に施術してもらった。それはまた後日。