岩戸寺の修正鬼会で松明を運んだ。

国東半島には不思議なお祭りがたくさんあるが、なんといっても代表的なのが「修正鬼会」。(参考サイト:Wikipedia「修正鬼会」)1年に2回チャンスがあるにも関わらず(豊後高田市と国東市のそれぞれの寺院で1回ずつ行うため)、なんとなくタイミングを逃し続け、今年ようやく見ることができた。

住職の法螺貝が鳴り響く。修正鬼会のはじまり。

祭りがはじまるとタイレシと呼ばれる青年たちが水を浴びて身を清め、大きな松明に火をつけて運ぶ。今回は、この松明を運ぶボランティアとしてちゃっかり祭りに参加した。多くのお祭りは神事なので女性は参加できないものが多い。修正鬼会は仏教行事だからだろうか。(しかし密教系は厳しかったはず。)いくら人が減ってるとはいえ性別の制限は超えられない。女性である身にとって、こうして祭りに参加できるのはとても貴重な機会だ。
ちなみに男性の場合は、移住して数年で流鏑馬の射手や吉弘楽(五穀豊穣を祝う奉納舞で、無形文化遺産にも指定されている)の舞い手として活躍している人もいる。正直羨ましい。

松明は4本。タイレシ2人とボランティア8人とで、ひとつの松明を運ぶ。

重い。火に近いほうはかなり熱い。足元は階段で不安定だ。しかし私は背が低く、あまり力になれていない。階段の途中で、タイレシの合図で石垣に松明を打ち付ける。火の粉が舞う。鳥居の前で立ち止まり、松明で九字を切る。
指定の位置につくと松明を立てる。上からどんどん火の粉が降ってきて、目の前の人の髪に、肩に火の粉がつくのを慌てて素手で払う。同じように、私の肩も誰かがばしばし叩いてくれる。見るに見かねてか、誰かが私の頭から手ぬぐいをかけてくれた。

松明を下ろして消火すると、講堂で神事(仏事)がはじまる。周りには大勢の人と多種多様のカメラが群がり、何も見えない。何が行なわれているのかわからないまま待つこと約2時間。ようやく鬼が登場した。

今年の修正鬼会は2月3、4日と節分に近かったが、修正鬼会では鬼を追い払うことはしない。むしろ、仏の化身なのだそうだ。タイレシは地元の男性が引き受けるが、鬼の役には住職しかなれない。講堂に集まった人々を囲むように、松明を手にした鬼とタイレシが「オニハヨー、ライショハヨー」と声をかけながら回る。そして火のついたままの松明を、梁や壁に打ち付ける。その度に火の粉が舞い散る。友人のフリースには見事な穴が開いていた。神宮寺の住職さんが「この上に昔は講堂があったけれど鬼会で焼けた」と話してくれたのを思い出す。「なるほどな」と思った。

最終的に、鬼に松明で肩や背中を叩いてもらって無病息災を祈り、観客は解散した。鬼とタイレシは里に下りて個別に家を訪ね接待を受ける。

これまでに様々な写真や映像を見てきたけれども、実際の修正鬼会は想像を遥かに越えて荘厳だった。