古民家サロンでリフォームを学ぶ。

「(大分に行ったら)空き家をリフォームして住みたい」とあちこちで言っていたら、友人が「それなら咲屋さんに話を聞いてみるといいよ」と教えてくれた。

タイ古式マッサージのサロン「咲屋」は新潟市西区の住宅街にある。
サロンの他に貸しスペースをやっていて、私もイベントで2度訪れたことがあった。造りはいわゆる日本家屋だが、広々とした二間続きの和室から庭が見えて、すっきりと居心地の良い素敵な場所だったのを覚えている。オーナーの麻衣子さんは、築40年ほどの物件を自分で直して住んでいるのだそうだ。麻衣子さんに事情を伝えて「お邪魔したいです!」と言ってみると、二つ返事で了承してくれた。

翌々日、咲屋に伺った。
キッチンで椅子を勧めてもらい、お茶をいただく。白い壁際には観葉植物が置かれ、白いカーテンのかけられた窓から光がやわらかく差し込んでいる。明るい印象のキッチンだ。しかし話を伺ってみると、以前は床も壁ももっと暗い色だったらしい。全体的にどんよりとした雰囲気だったので床にクッションフロアを貼り壁を白に塗り替えたのだという。麻衣子さんはクッションフロアの境目を指して「素人仕事だからよく見ると雑だけど」と言うけれど、よくよく見てみなければ気にならない。
麻衣子さんは、この家の前にも古い一軒家を改造して住んでいたのだそうだ。そうやって手直しすること自体が好きなので、ある程度家が出来上がってくるとまた違う家に住みたい気持ちが出てくるのだとか。楽しそうに話す麻衣子さんを見ていると、こちらもついわくわくしてしまう。

その後、和室とサロンスペースも案内してもらい、手を加えた部分について丁寧に教えてもらった。たとえば、畳の上からござを敷く、照明を変える、砂壁を簾で隠す(簾は夏がお買い得らしい)など、ほんの一工夫で家の表情が変わる。「お金があればいいものが買えるのは当たり前。でもそれだと面白くないんだよね」と麻衣子さんは言う。

麻衣子さんの極意を私なりにまとめると、まずは家に何度も足を運ぶことからだ。
最初は(前の住人の荷物があったり障子が破れていたりして)「なんかちょっと違う」と思うかもしれないけれど、「ここの壁の色を変えたらどうなるだろう」「ここの襖を取り払ったら」「ここの照明を付け替えたら」と想像を膨らませていく。自分の住みたい部屋のイメージとその家のイメージが重なったら、あとは実現するだけだ。とにかく「こういう家に住みたいっていうヴィジョンをしっかり持つのが大事」だという。(たとえば、咲屋のコンセプトは和の雰囲気を残しつつもアジアンテイストを取り入れた空間で、正にそのとおりの場所に仕上がっている。)
「こうしたいっていう気持ちがあれば、あとは工夫次第でなんとかできるから」と話す麻衣子さんは生き生きとしていて、きっといかに工夫するかという部分に楽しみを見出しているのだと思った。


【今日のまとめ】

先月、実際に空き家を見てまわった結果ちょっと心が折れてしまい「久しぶりに1K暮らしもいいかも…(トイレが綺麗だし)」と思ったりもしたけれど、麻衣子さんのお話を聞いているうちに空き家を探したい気持ちががっつり再燃した。(麻衣子さんの名言「100均とホームセンターがあれば大丈夫」)(しかし水回りはきちんとしているところを選ぼうとも思った。)
お邪魔する前に麻衣子さんのブログ(くつろぎの古民家サロン咲屋~さくや~)を見ていたら「世界一気持ちいい」というタイ式マッサージを受けたくなってしまって、一通り案内してもらった後に施術してもらった。それはまた後日。

豊後高田市で家を探す【その2】

前回の記事:豊後高田市で家を探す。【その1】

翌朝、豊後高田市役所で伊藤さん(仮名)と待ち合わせた。
この日向かった空き家は旧香々地町に位置しており、市役所から車で約30分ほどだという(最寄りの宇佐駅からは約40分)。伊藤さんの運転する車を追って、海沿いの国道213号線を北へ走る。この道路は「日本の夕日百選」にも選ばれた真玉海岸を通る眺めのいい道で、バスも通っている(1日8本程度)。スーパーやホームセンターも点在する比較的便利な道だ。
213号を逸れ、川沿いを山のほうに入っていくと田畑が広がっている。(これだけ国道から離れてしまうと送迎なしで人に来てもらうのはちょっと無理だな、と思う。)川沿いなので圧迫感はないが、自転車どころか人ともすれ違えないのではないかと思うほど細い道を進み、目的地にたどり着いた。


【空き家を見学する】

大正時代に建てられたというその家はとにかく広く、1階に7部屋、2階に3部屋もあり、作業所と倉庫が併設されている。さらに家の裏には約300平米の畑があり、立派なびわの木が2本も植えられていた。時期になると実をつけるらしい。空き家オーナーの寺崎さん(仮名)は伊藤さんと「今なんてスーパーでびわを売ってるじゃないですか」「昔はどこのうちにもあったのにねえ」なんて会話をしている。畑の奥は竹林になっていて、春先にはたけのこが取り放題だという。(ご近所さんの植えた竹が繁殖してしまったらしい。)
畑とびわ・たけのこ付きの一軒家は、お値段なんと150万円(応相談)だ。

畳もそれほど痛んでおらず、ぼろぼろになった障子を張り替えればすぐにでも住めそうな部屋もある。採光もいい。作業所と倉庫については使われなくなって久しいのかだいぶ荒れた様子だった。昔使われていたというしいたけの乾燥機や巨大なざるが残されている。台所には食器棚が、和室には日本人形が置かれたままで、こういった家財道具の処分についてもどうするか考えないといけないのだなと思う。(基本的にはオーナーさんと相談。)

この家について特筆すべきは薪焚きの風呂だ。
バスタブのちょうど外の土間に薪を焼べる場所がある。(写真をとらなかったのが残念で仕方ない。)寺崎さんが「ボイラーをつけないとだめだな」なんて言うので「(薪で焚いてみたいので)このままがいいです!」と主張したら「誰かが薪を焼べていないと温度が下がってしまう」と却下された。なるほど、それはひとりでは無理だ。しかし、ボイラー併設という手もあると教えてもらった。もっとも現在では薪の入手も難しいという問題もあり、薪焚きは現実的ではないようだった。

トイレについては汲取式だが、洋式風の便座が据え付けられていた。
汲取式を水洗にリフォームしたい場合、1簡易水洗にする、2下水道をひく、3浄化槽を設置する、という方法があるらしい。1簡易水洗はその名の通り、一見水洗だが中身は汲取式のままというもっとも安価な手段だが、水を一緒に流すために汲取回数が増えるというデメリットがある。2下水道が近くまでひかれていれば比較的安く工事ができるそうだが、下水道が遠い場合は3浄化槽を設置することになる。台所排水と合わせて合併浄化槽を設置するのが一般的なようで、費用としては100万程度かかるが国から補助金も出るらしい。このエリアは家の前まで下水道は通っているが、工事費とべつに負担金15万円が必要とのことだった。

寺崎さんは、家の目の前の小川をはさんですぐ向かいに住んでいるという。今もしいたけ農家を営んでいるそうで「ここに来たらしいたけ食べ放題だよ」と言ってくれた。


【今日のまとめ】

今回は売買物件だったのだが、なんというか、家を所有することの責任を感じた。それまでは「家を買ったほうが(いろんな意味で)面白そう」と思っていたが、「とりあえず賃貸でもいいかもしれない」と尻込みする気持ちが生まれた。とは言っても、どちらとも決めるつもりはまだない。今後なるようになるだろう。
(余談だが、自分のトイレに対するこだわりにはじめて気がついた。トイレで考えごとをするほうだからか、可能な限り快適な空間にしたいらしい。)
部屋数といい畑といい、5〜6人でシェアするにはかなりいい物件だと思うのだが、いかんせんひとりでは広すぎる。シェアしたい方はぜひご連絡ください。

続きはこちら:豊後高田市で家を探す【その3】