「ぶっちゃけ地域活性化とかどうでもいい」が信条のプロジェクト「国東日和。」がはじまりました。

国東にまつわるフリーペーパーを作ったりしていると、たまに「国東のために活動しているすごい人」だと思われてしまうことがある。(完全に誤解です。)
私は、自分が大好きな国東について知りたいし、せっかく調べたら共有したいし、できれば「私もそういうのが好き!」と言ってくれる仲間を増やしたくてフリーペーパーを作っている、ただの自己中だ。

「地域おこし」「地域活性化」を掲げて頑張っている人が、私の周りにはたくさんいる。本当に頭が下がる。
その一方で「地域活性化とか、あんまり興味ないんだよね」という一点で共感できた人がいる。今回のプロジェクト「国東日和。」の黒幕、岡野さんである。

岡野さんと私は、地域活性化に興味がないというその一点以外はほぼ真逆だ。
新潟出身なのに国東大好きな私に対して、岡野さんは国東出身だが特に国東に興味がない。(私が国東愛を語り始めると「へー」と苦笑いで相槌を打ってくれる。)
私は人の意見を聞くと常にぶれ続けてしまうのだが(国東探訪は、最初から誰の意見も聞かないというスタイルで作っています。)、岡野さんは自分がこだわっている部分については誰がなんと言おうとこだわりを貫き通す。とはいえ、こだわっていない部分についてのこだわらなさもものすごい。そして、おそらく枠組みという存在が苦手な人だ。岡野さんは真っ白いキャンバスにノープランで絵を描き始められるタイプの人で、私はキャンバスに補助線を入れた上で定石を踏まえて構成したいタイプなのだと思う。

考え方も視点も背景も違うので、ふたりで打ち合わせをしているとお互いに何を言っているのか理解できないことがある。「すみません、今の話が全くわからなかったんですけど、もう一回説明してもらっていいですか?」と聞いたのは一度ではない。しかし、それこそが岡野さんと何かを作り上げる面白さで、最近では何ができるのかわからないまま岡野さんの指示に従うことにしている。毎回必ず私の想像をはるかに超えた素敵なものができあがるからだ。

そんなこんなで、無謀にもトキハ本店5階で国東日和。による催事「くにさき手仕事展」が始まった。
「国東日和。ってなんですか?」と聞かれることがある。むしろ、催事に参加してくださっている作家さんたちには、なんだかわからないまま参加してくれている人もいる。(すみません…。)
私の考える「国東日和。」とは、岡野さんと私が素敵だと思う人を「ほら!かっこいいでしょ!」と周りに好き放題自慢するプロジェクトである。
好きなものをシェアして共感してもらえたら嬉しいし、こんなよくわからない催事に快く参加してくれた参加者さんも喜んでくれたらもっと嬉しい。それが「国東日和。」なのだと思う。

結局、岡野さんと私が興味があるのは、作家さんや生産者さんひとりひとりなのだ。地域とは、いろんな人がたくさん集まって構成している単位だから、私には認識しづらい。木を見るか森を見るかというときに「国東日和。」は木を見ている。「森とか大きすぎてよくわからないしどうでもいい」と思っているけれど、木々一本一本がすくすくと成長すればいずれは森全体が大きくなっていくだろう。そういう意味では、長い目で見たら地域活性化なのかもしれない(とか言ってしまうあたりが私のあざとさで、岡野さんにない部分なのではないかと思う)。

2017/6/8〜6/14 トキハ本店5階にて「くにさき手仕事展」開催中。
(催事は明日までです。)