旧暦を意識する。

あまり壁掛けカレンダーは使わないほうなのだが、今年は一目惚れのカレンダーを買ってしまった。国東市安岐町に住むイラストレーター、北原慎二さん(天花風天工房)のカレンダーだ。
(参考サイト:ふるさとチョイス>大分県国東市>A268 風天百笑カレンダーとポストカード10枚

二十四節気に月の満ち欠け、一粒万倍日。
そして旧暦の日付が、手書きのやわらかい文字で書き込まれている。


新月から一月が始まる。

「旧暦では、新月を一日(ついたち)としていた」。
知識としてはなんとか知ってはいたものの、これまで意識したことがなかった。
しかし、今日カレンダーを眺めていてはっとした。
今日は新月で、つまり2月の始まりなのだ。

「31日(もしくは30日)経ったから自動的に翌月になります」というのが新暦だけれど、空間的に新しい月が始まることと、時間的に新しい月が始まることとが一致している旧暦は、自分が自然の流れの一部であることを感覚として受け入れやすくしてくれる。

ただし、一月の長さはまちまちだし、閏月という形で調整する必要がある。その点、新暦は合理的だ。
7月が31日あってなぜ8月も31日あるのか、「すべての奇数月が31日で、偶数月が30日」ではだめだったのか…と、不思議に思うことがないわけではないが、4年にたった1日の調整でほぼ事足りるのはすごいことだ。
10年前も30年前も、100年後も、1月は必ず31日まであるのだから。


「月日」という言葉の意味。

今、この文章を書きながら気がついた。
「一月」は、月が新しく生まれ、満ち、そして欠けていくまでのサイクルのこと。
そして、「一日」とは太陽が東から生まれ、西に沈んでいくサイクルのことなのだ。

気軽に「月日」と口にしているけれども、本来それが意味するのは規則正しく天体が巡りゆくという自然の摂理なのではないだろうか。太陽があり、月があり、大地=地球がある。太陽が巡るのが日、月が巡るのが月、そして地球が巡るのが年だ。
なんということか、カレンダーの中に宇宙を見てしまった。

合理性を否定する気はないけれども、それぞれの文化に根ざした暦というのは、とても大切な、その文化を構築する基盤のひとつなのではないか。旧暦には「農暦」という呼び方もあって、農作業の指針として使っている農家さんがいると聞いた。

私の生活に旧暦は全く必要はないけれども、カレンダーを眺めながら宇宙に思いを馳せるという楽しみがひとつ生まれた。

いかに家から出ずに生活できるか考える。

猫を飼い始めて半年になる。

もともと猫は可愛いと思っていたけれども特別好きということはなく、これまでハムスターと鯉しか飼ったことのなかった私が、ご縁とタイミングによって茶トラの仔猫(メス)を譲ってもらうことになった。

一緒に暮らしてみると、可愛い。とんでもなく可愛い。
「茶トラは甘えんぼ」と教えてもらったことがあるが、本当に寂しがりの甘えんぼだ。家中私の後ろをついてまわり、水が苦手なのにお風呂にもついてくる。外出から戻ると必ず玄関まで迎えに来るし、本を読んだりパソコンに向かっているとまるで「こっちを見て、遊んで」と言わんばかりに妨害してくる。(今はこたつで寝ている。)

なんなんだ、この可愛い生き物は。

これまではよく「いつ家にいるの?」と言われるほど行動範囲が広かったのだが、とにかく人付き合いが悪くなった。日帰りで行けないところには行かない。行けても、あまり遅くなりそうならばなるべく行かない。用事が終わったらすぐ帰る。自分でも、この生活はどうなのか?と思うこともある。しかし「あなたには仕事も趣味もあるし、友達もいる。しかし、犬にはあなたしかいないのです」なんてメッセージを見てしまった日には、家で待っている猫のことを思って勝手に心を痛めてしまう。

そこで、猫と一緒に過ごすために、この家からできるだけ出ずに生活できないだろうか、と考えた。


【私の懐事情】

Facebookの職業欄には「占い師」と書いているのだが、実際のところはたいして活動していない。最たる収入源は、ネットやパソコン関係の非常勤講師である。そのほかには、

 ・イベントに出店(占い)
 ・個別依頼(占い)
 ・平面デザイン制作(チラシとか)
 ・経理のお手伝い

などをやったりしている。仕事はあったりなかったりで、今年度のトータルでは完全にマイナスだ。
とりあえず来年度の方針としては、家から出なくていい仕事を強化することを最優先事項とする。さて、私になにができるだろうか。


【結論、占いやります】

アフィリエイトとかネットでのデザイン受注とか、家にいながらできることをいろいろと考えてみたのだが、まずは「自称:占い師」の本分に返ることにした。来年度は「自称」ではなく、まわりの人から「占いやってる人」だと認識してもらえるようになることにする。

普段はタロット占いしかしないのだが、「当たりすぎて怖い」というまるでホラー映画のような理由でずっと封印していた東洋占星術を引っ張り出してきた。3月まではリハビリを兼ねて研究中なので、もしご興味のある方は「お問い合わせ」からご連絡ください。無料です。

国東でランチをするなら①〜艸艸庵

「国東でランチを食べたいんですけど、どこかいいところありませんか?」と聞かれたときに私がまずおすすめするのが、安岐町下原にあるカフェ「艸艸庵(そうそうあん)」。
(参考サイト:食べログ「艸艸庵」

国東市民病院を右手に県道201号をほんの少し山手へ向かうと、左斜めに曲がる道がある。(曲がり口に手製の立て看板があるので、海側から来るとわかりやすい。)
そこを曲がって200mほど行った左手に、白い瀟洒な建物がある。
駐車場は6台程度。

白い壁に緑の木々が映える。

重厚な木のドアを開けると、中も落ち着いた雰囲気。
カウンター席のみの店内には、常にジャズが流れる。

ランチメニューはパスタかドリアのセット。
前菜と自家製パン、食後にはドリンクとデザートがついて、どちらも1600円。(2017年2月現在)

夏野菜の前菜。彩りも美しい。

デザートも数種から選べる。この日はチーズケーキ。

料理ももちろん美味しいが、さらに素敵なのは
好きなコーヒーカップを選ばせてもらえること。
カウンターの後ろに並んだカップは、ざっと見ても100種類以上。
「今日はどれにしようか」と迷うのも楽しい。
自分で選んだカップでいただく珈琲は、一層味わい深いもの。

席数が少ないので、ランチタイムには満席のことも多い。
かと言って、時間をずらしていくとランチが終了していたりするので、
ここに行くときは必ず予約を入れるようにしている。

誰かと来てもいいが、ひとりで行くのもいい。
おなかも心も満たされる、国東の非日常空間だ。