0泊3日で和歌山に来てみた。

和歌山県の山間に、とても素敵なお香を作っている方がいる。
欲しいときには送ってもらっているのだけれど、今回和歌山でお香作りのワークショップを開催するという情報が入った。結論からいうと、スケジュールの合間を縫って、和歌山まで来てしまった。

ありがたいことに行動力があると時折褒めていただくのだけれど、実際のところ私はとてもものぐさで、行動派からは程遠い。今回も、ワークショップに行きたい気持ちと不合理(面倒ともいう)を訴える理性の間で、約1か月に渡る攻防があった。


【1か月前】

感情「えー!このワークショップ絶対行く!!!」
理性「和歌山だよ」
感情「この時期1週間くらい空いてるから、ついでに熊野や飛鳥にも行けるよ!」
理性「こないだ和歌山まで車で行ったとき結構遠かったし、私は行きたくない。今度またどこかでワークショップやってくれるかもしれないし、その時にしようよ」
感情「行きます!(手帳に予定を記入)」
理性「…ちょっと保留で」

感情が納得しようとしないので、和歌山までの道連れを探してみたけれどなかなかいない。面倒だなあと思いつつずるずると保留しているうちに、前日と翌日に予定が入った。
ついでの観光ができないのなら、さすがに感情も諦めるだろう。和歌山は遠すぎたのだ。残念な気持ちはあるけれど、これにて一件落着…と思っていた。


【ワークショップ前日】

無防備に手帳を開いたらちゃっかり予定が記入されていたため、ワークショップに行きたい気持ちが復活してしまった。

感情「明日だね!楽しみ!」
理性「ちょっと待って、よく考えて。今日も明後日も朝から丸1日予定が入ってるよ」
感情「明日だけちょうど空いてるね!ラッキーだね!」
理性「会場まで、高速乗っても10時間半かかるんだよ」
感情「今日の用事が終わってそのまま行ったら間に合うね!すごい!ちょうどいいね!」
理性「次の日も予定あるから日帰りだよ」
感情「楽しみだね!」
理性「…」

なんだか感情に押し切られてしまい、先方に「急ですがもしまだ席に余裕があったら参加したいです」と連絡を入れて、車に着替えを積んで家を出た。


山口から広島までがやたらと遠くて一瞬後悔したが、そこから先は以外と早かった。そしてワークショップを終えた今、やっぱり来て良かったと思っている。なんの知識もなく、気になった材料だけで調合したお香は、とてもしっくりくる香りだった。
ここまで来たら久しぶりに会いたい人もいるし、寄りたい神社もある。

最近、心に仔犬を飼っているように感じることがある。
無邪気で、それ故に残酷なところもあるが、私に本当に必要なものを見抜いている。ここ掘れワンワンといったところか。今回は彼に引っ張られるように連れてきてもらったような気がする。
そして、この仔犬をうまく飼い慣らせているのがきちんとした大人なのかもしれないなあと思う。