「種田でひとり暮らし」は本当はひとり暮らしではないのではないかと考えた。

サンフランシスコについた。
明日から1か月、カリフォルニアのマウントシャスタにいます。


IMG_6678
先週は6日間ほど留守にして、バリに行っていた。
「しばらく出かけるんです」と大家さんに伝えたところ、「草刈っちょってもいいかね」「鉢に水やっちょくけん、外置いちょきよ」「毎日は来れんけどいいやろ?」と言われ、そんなにしていただいていいんですか…?と思いつつ、よろしくお願いしますと伝えて出かけた。

種田に帰ってくると、庭の草は綺麗に刈られていて、勝手口の外の水道に長いホースが取付けてあった。玄関先に並べてあるハーブの鉢に水をあげやすいようにつけてくれたようだ。日差しも強くなってきて多少黄色くなった葉もあるが、全員元気に育っていた。ありがたい。
実はうちはめだか付き物件(!)で、玄関外の鉢に6匹のめだかが暮らしているのだが、こちらも全員元気だった。
家に入ると、いつも玄関脇の郵便差し込み口の下にばらばらと落ちている郵便物が、靴箱の上にきちんと置かれていて、その隣には新しいめだかの餌のパックが並んでいた。

1か月アメリカに行くということは以前から伝えていたのだけれど、「明日から行ってきます」というと大家さんだけではなく、種田の班長さんも心配してくれた。種田の神社に「出かけてきます」とお参りしてから家を出た。


今日はサンフランシスコ泊。
部屋にひとりであることはいつもと変わらないはずなのに、なぜだか強烈な寂しさに襲われている。ホテルの外から車の行き交う音やクラクション、人々の話し声が聞こえてくるけれど、それがよりひとりであることを意識させるのかもしれない。

同時に、種田では本当の意味でひとりではなかったのではないかと考えている。
よく「こんなところにひとりで暮らしていて寂しくないのか」と聞かれるが、寂しいと思ったことがただの一度もない。それは、私がひとりで過ごすこと自体を楽しんでいるからだと思っていたのだが、あの場所には信頼してすべてを委ねられる大家さんやご近所さんたちがいる。家のハーブやめだか、最近では畑の土や植えたばかりの苗たちも、きっとそこにただあるのではなくて、私とともに生き、暮らしているのだ。

1日目にして早くもホームシックだ。
だいじょうぶか、私。

畑の土づくりを始めた。

前回の記事:佐世保に土づくりの農業実習に行った。

無肥料無農薬で野菜をつくる農業研修に参加してから一週間。
友人たちが手伝いに来てくれたので、ついに土を作ってみた。
半年後に完成という、壮大な計画である。


【ふかふかで肥料のいらない土の作り方】

大量の雑草を準備する。
雑草は、できたらスズメノカタビラやセイタカアワダチソウなどの単子葉類がいいそうだ。ハコベやカラスノエンドウなどの双子葉類は柔らかく分解しやすいため、様々な菌が来てしまう。単子葉類は固いので、いちばん増やしたい糸状菌が効率よく集まってくれるらしい。

IMG_7774
次に、土が見えなくなる程度の量の雑草を土の上に被せ、さらに土、雑草、土、雑草と乗せていく。

IMG_7776
最後に黒マルチをかけて押さえ、周囲に溝を掘って(周囲の土を乗せておくと、この時点で自動的に溝ができる。)水の流れる道を作り、あとは半年待つだけだ。

黒マルチをかけるのは、なるべく土に雨がかからないようにするため。溝も、傾斜をつける等して水が溜まらないように気をつける。大量の水が入って土がべしゃべしゃになると、中の空気が抜けて土がふかふかにならないそうだ。


【使ったもの】

・長靴
・軍手(コーティングされているものだとなおよい)
・草刈り鎌(草刈り機があればなおよい)
・くわ(荒れ地だったのでざっと耕した)
・シャベル(土をかけるのに大活躍)


IMG_7745
手を入れる前は草だらけだった。
畑どころか土いじりすらほとんどしたことのない私には、途方もない作業のように感じられていたが、実際にはじめてみると、しゃべっている間に楽しく土づくりを終えることができた。続きは半年後。カンパーニュ3個分の小麦を植える予定だ。

農業に興味があって、こんな遠いところまで足を運んでくれる友人がいる、ということが今日のいちばんのポイントのような気がする。興味関心の方向性が似ている人間関係を築くことが、田舎暮らしの極意かもしれない。

国東市地域おこし協力隊になってみた。【その2】

前回の記事:国東市地域おこし協力隊になってみた。【その1】

私は、国東市役所の「活力創生課 地域支援係」に所属していた。
基本的には市役所勤務で、電話を受けるときには「活力創生課の荒井です」と名乗る。月16日勤務、月給16万円。社保完備、家賃補助(5万円まで全額市が負担)、交通費あり、残業代なし(時間外が発生する場合は振替)、サビ残可。
休日は、基本的には自分で決められる。(イベント等で出勤を頼まれることはたまにある。)平日5連休とって9連休にしても、「新潟帰るの?気をつけていってらっしゃい」と笑顔で送り出してくれる大らかさ。地域支援係所属の他の協力隊となるべくお互いの休日が被らないようにする程度の調整はしたが、休日に関してはかなり自由だった。

所属部署によって、業務の内容は大きく異なる。私がこの1年間で、国東市の地域おこし協力隊として実際に行った業務はだいたい以下の5つだ。
 1.空き家バンクの運営
 2.婚活イベントのスタッフ
 3.国東半島芸術祭関連
 4.DIY講座と体験ツアー
 5.ふるさと納税の事務作業


【空き家バンクの運営】

もともと募集要項にあった、協力隊のメイン業務(のはず)になる。

具体的には、市内の空き家物件情報を登録する「空き家バンク」のホームページの管理・運営と、その物件を見学したいという移住希望者(具体的にはまだ全然考えてないけれどちょっと見てみたい、という層も含む)の現地案内などを行う。

「空き家を登録したい」という連絡が来たら、まず現地の調査に行く。築何年ほどの物件か、補修が必要な箇所があるか、電気・水道・ガスは現状どうなっているか、ペットを買ってもよいか等、所有者さんに聞き取りを行い、データを起こす。
その後ホームページに掲載し、「物件を見たいです」と連絡が来たら「空き家バンク利用者登録」をしてもらってから、実際に現地を案内する。
とはいえ、空き家バンク担当の市の職員さんもひとりいるので、どちらかといえば職員さんの補佐(見学希望者が同日に複数グループいる場合の案内等やエクセルによるデータ作成)が主な業務内容だ。


【婚活イベントのスタッフ】

国東市主催で数年続けている、年2〜3回の婚活イベント。
最近は、イベントで出会い結婚したカップルも現れ、今後も続いていくだろう地域支援係の業務のひとつ。
具体的には、事前の下見やチラシの印刷、バスツアーの同乗、配膳・お茶出し等、すでに企画されているイベントのスタッフとして参加する。(「今度こんな企画をやってみたいです!」と企画書を出して通れば実現可能だと思う。)


【国東半島芸術祭関連】

2014年秋に豊後高田市と共同で開催された「国東半島芸術祭」。イベント自体は終わってしまったが(2016年3月時点で次期開催の予定は特にない)、国東半島の歴史や地形を踏まえて作られた作品たちはほぼそのまま残されている。それを活用するため、約1か月に渡って作品鑑賞バスツアーやコンサートなど、芸術祭の関連イベントが行われた。企画会議、のぼりの設置等の事前準備や、大学生の作品制作の手伝い、バスツアーの同乗等週末のイベントにスタッフとして参加した。
企画提案をさせてもらう余地はあったが、そこまで手がまわらず。でも楽しかった。


【DIY講座と体験ツアー】

協力隊に着任してすぐ、職員さんから「秋頃に2泊3日で空き家見学ツアーを企画してほしい」と言われた。「空き家を見学してもすぐに住める物件は少なく、結局初期費用がかさんでしまうために若年層は移住しにくい。できる範囲のことはなるべく自分で家を改修できるようになれば、移住へのハードルが下がるのではないか」ということを主張してみたら、今冨建築の今冨さんを紹介してもらった。大工さんにとって、素人に技術を教えることは自分たちの首を絞めることにもつながるはずだが、彼は「移住者が増えて国東に活気が出てくれば、それはきっと自分たちにとってもプラスになると思う」という長期的な目線を持って全面的に協力してくれた。
協力隊と今冨さんで話しあった結果、国東市民を対象にDIY講座(月に1回、全3回)を開講し、市外の方に体験してもらうというスタイルでのツアーを組むことになった。空き家見学では、改修しがいのある、雰囲気はあるがそれなりに痛みもある物件を見てまわり、すでにDIYで古い空き家を直して住んでいる移住者さんたちの家にお邪魔して話を聞くという時間も設けた。
講座もツアーもどちらも好評だったので、これはおそらく続けていくのではないかと思う。


【ふるさと納税の事務作業】

地域支援係にはもうひとつ業務があった。ふるさと納税だ。
前年までは年間で数百万程度だったが、2015年は担当者が力を入れて全国で10位という寄附額を達成。それはめでたいのだが、その結果大量の事務作業が発生し、職員さんたちではどう考えても仕事が回りきらず協力隊に仕事がきた。6月から9月までは、エクセル入力、データチェック、封詰め等、完全に事務作業をしていたと思う。10月以降は臨時職員さんが来てくれてだいぶ減ったが、年末の書き入れ時(という表現が正しいのかはわからないが)までは日常的に手伝っていた。
ただし、2016年度から新たにふるさと納税係ができたため、おそらくもうこの仕事はないだろう。ちなみに職員さんたちは「本来なら協力隊の業務ではないのに申し訳ない」と言ってくれて、忙しい最中に焼き肉に連れていってくれたということを一言申し添えておきたい。
時には、誰も予想もしなかった仕事が大量発生することがある、ということだ。


他の自治体の地域おこし協力隊の話を聞いていると、国東市と協力隊の関係性は比較的バランスがいいのではないかと思う。そこそこ管理されていて、そこそこ自由がある。
自治体によって協力隊の立場は全く違う。かといって「どの自治体がいい」ともいえない。ある程度管理されるほうがあっているという協力隊もいるし、自由がなければ生きられないような協力隊もいる。同じ自治体で同じ待遇を受けていても、楽しんでいる協力隊と苦しんでいる協力隊がいることもある。とにかく相性だ。
協力隊になりたいなら、一度と言わず現地に足を運んでみること。もしすでに協力隊がいる自治体ならば(なるべく周りに職員さんのいないところで)話を聞いてみること。そして、協力隊から聞いた話はあくまでも参考程度に留めておくこと。あとは自分の感覚がOKを出せば、楽しい協力隊ライフが送れるのではないかと思う。