国東市地域おこし協力隊になってみた。【その1】

国東半島に引っ越して以来、あまりに満たされすぎていてブログを1年間放置してしまったため(参考記事:国東半島はあの世に限りなく近いと思う。)、地域おこし協力隊の面接日程が決まったところでブログ記事が終わっていた。
「協力隊」の検索ワードで来る人も多いようなので、その後を振り返りたいと思う。

ここまでの経緯:
 国東市の地域おこし協力隊に応募する。
 豊後高田市でも地域おこし協力隊の募集が始まり、迷う。


【国東市地域おこし協力隊】

平成27年度当時、国東市ではは2つの課で協力隊を募集していた。

・活力創生課−地域支援係(空き家バンク担当・婚活担当)
・農政課(オリーブ普及担当)

(正確には活力創生課−産業創出係でも協力隊を募集していたが、ここは事前に内定でほぼ決まっており応募は実質受け付けていなかったようだ。)

新潟での経験から「農業振興というのはあちこちにいろいろな事情があってものすごく難しい」という(あくまでも個人的な)結論に至っていた私は、迷わず活力創生課に応募した。

提出書類は、履歴書(応募用紙)とA4のレポート1枚。面接官は4人ほどだったと思う。

面接の翌日、早くも合格だと電話連絡が来た。面接後も数日間国東半島に滞在して観光する予定だったが、4月から住む家を探すため急遽国東市役所に向かうことになった。


【国東市役所へ】

市役所の活力創生課では、いつも物腰柔らかな電話をくれる山岡さん(仮名)が待っていてくれた。
空港のそばにはアパートもたくさんあるけれど、空き家バンクの登録物件に住むことも可能だということ。そして、家賃は5万以下なら市が補助してくれるという話を聞いた。

せっかくならば空き家に住みたい。
しかし、空き家バンクの物件は古い建物が多く、特に修理もせずにすぐ住めるような物件はほんの数軒に限られるという。物件ファイルを見せてもらい、空港から徒歩15分ほどの比較的新しい一軒家と、空港や市役所からは遥か離れた旧国見町の集合住宅の分譲物件のふたつを見せてもらうことにした。

※ 国東市の空き家バンクの物件は、基本的には所有者さんに事前に連絡し、鍵を借りて見学させてもらうことになる。市役所で鍵を管理している物件も一部あるし、当日でも連絡さえつけば見学は可能だが、見学したい物件があるならば事前に連絡を入れておくと確実かつスムーズに動ける。


【国東市における地域おこし協力隊】

山岡さんが所有者さんに連絡を入れている間、他の職員さんが話しかけてくれた。

「国東市に来てこんなことがしたいというような希望はある?」と聞かれたので、「新潟では趣味で農家さんに話を聞きにいってフリーペーパーを作ることをしていたので、国東でもそういうのを作りたいとは思っています」と答えると「それは協力隊ではできないかもしれないなあ」と言う。

募集要項では「空き家バンク担当」「婚活担当」と別々に募集をしていたけれども、どちらも「活力創生課・地域支援係」に属する仕事だということ。そして、係内で担当が明確に分かれているわけではなく、係の仕事をみんなで助け合ってやっているのだということ。
「空き家バンク担当だから婚活の仕事はしないっていうんじゃなくて、イベントなんかは一緒に手伝ってもらうことになる」「地域支援係にもいろいろな仕事があるから、それ以外のことを協力隊としてやるのは難しいかもしれない」とのことだった。

この時の職員さんの説明は、結果的にとても正確だった。

もともとフリーペーパーは趣味として余暇に作っていたものだったし、協力隊に対して何か夢や希望があるわけではなく、言ってみればお金のために応募したようなものなので、それで構わないと伝えた。


結局、片方の物件はその日に所有者さんと連絡がつかず、翌日改めて見に行った。
両方見た結果、一軒家はあまりに広かったので、旧国見町の集合住宅に住むことにした。元洋品店だった物件はメゾネットタイプで、1階の表が店舗、奥がキッチンとリビングになっている。2階にも2部屋あり、家賃は3万5千円(市役所負担)。
山岡さんが契約等を済ませておいてくれるというので、あとは4月に引っ越してくるだけになった。

続きはこちら:国東市地域おこし協力隊になってみた。【その2】

田舎暮らしで驚いたこと。〜虫と共存する。

【虫が苦手な方はお気をつけ下さい】

種田に引っ越してきて3週間。
想像していたより虫が少なくて、ほっとしている。

最初の頃は、家中箒で掃いてクイックルワイパーをかけて(私は掃除機が苦手で持っていない)戻ってきたら、さっきまで絶対になかったはずのわらじ虫の死体が廊下の真ん中にころんと落ちていて精神的に疲弊する…ということが頻繁にあったのだけれど、最近は目に見えて減ってきた。虫も「ここは人間のテリトリーになった」と認識してくれているのかもしれない。

とはいえ、前の家に比べたら虫との遭遇率は半端ない。

玄関横の木(何の木だろう)が毛虫の群れに食い荒らされていたり、大きく育った毛虫が庭を散歩していたり、さらに立派に育って蛾として飛び立ち、花をつけた庭木に集まってきていたり。
勝手口の外では半分ひからびたようなミミズに出会ったし、稀に迷い込んできたわらじ虫が部屋の真ん中を横切っている。軒下には古い蜂の巣があるが、現在は使われていないようだ。ここ最近はてんとう虫のような小さな昆虫も増えてきた。

遭遇率1位は蜘蛛だ。大人もいるが子供もいる。こうしている間にもこの家のどこかで増えているのかもしれない。しかし、私は小さな頃に蜘蛛が仕返しにくる昔話のようなものを聞かされて以来、蜘蛛を殺すことに対して絶対的な抵抗感がある。幸い、蜘蛛が怖いわけではなくただひたすら蜘蛛を殺すことが怖いだけなので、実害はない。しかも、他の虫を食べてくれる益虫だという。蜘蛛様々だと思っている。


【最凶の虫・ムカデ】

昨年秋に開催した国東市の移住者交流会では、参加者さんたちがムカデトークで盛り上がっていた。
「郵便受けを開けたらこんな大きな(20センチ強)のムカデがいた」
「寝ていたらムカデが天井から落ちてきたので、慌てて払ったら刺された」
など。都会からの移住者あるあるらしい。
最近では「ムカデはカップル間の絆が強いので、一匹殺すと必ずもう一匹が仕返しにくる」というまるで都市伝説のようなムカデの習性を聞いた。(殺さずにビニール袋に入れて捨てるといいそうだ。)

幸か不幸か、私はこれまで生きてきて未だムカデに遭遇したことがない。しかし皆の話のあまりの熱の入りように恐れ戦き、いつムカデが上から落ちてきてもいいように蚊帳を買った。その後「吊るすタイプの蚊帳だと下から入ってくることもある」と聞いてさらにテントタイプの蚊帳も買った。
とりあえず体勢は万全だ。


【実際に虫に遭遇したら…】

・トング
 これは便利!と聞いたので、100均で長めのトングを買ってみた。長いので(50〜60センチほど)虫に対して一定の距離を確保できる上、さすが「挟んでつかむ」ことに特化した道具だけあって、小さい虫でも思った以上に簡単にキャッチできる。

・ガムテープ
 ムカデが出たらガムテープを長めに切って上から押さえ、半分に折ってゴミ箱に捨てると殺さず捨てられて良いらしい。

・恐怖心を捨てる
 私はなぜ虫を恐れるのか。
 蚊や蜂、ムカデのようにこちらに危害を加えてくる虫はともかく、「見た目が異質である」というだけの理由で不必要に恐れてはいないだろうか。
 そんなことを考え始めたので、そこらへんを歩いていたわらじ虫に試しに触れてみた。そのままつまみ上げてみると「わー!やめてー!」とでも言いたそうにじたばたする。意外と可愛い。触った感触もかなりドライで全く不快感はない。そういえば幼い頃は平気でバッタをつかんでいた気がする。あの頃の気持ちをいつの間に失ってしまったのだろう。虫は不快なものであるという「常識」をどこかで身につけてしまったのかもしれない。


 猫や犬、あるいは鳥や魚とも違って、虫にはまず背骨がないし足が多い。生き物として異質ではあるが、それはたしかにひとつの命である。
 しかも、ここまで書いて思ったのだが、タコイカエビあたりは背骨がなく足が多いという点において完全に虫に近い。なぜタコイカエビを食べるのに虫は食べられないのか。お茶にちょっと入ったからと言って「もう飲めない」と思ってしまうのか。
 思い込みの力がいかに強大なものか。
 (基本的に暇なので、)虫と戯れながら、そんなことを考えて過ごしている。

次回の驚いたこと:
 田舎暮らしで驚いたこと。〜鹿とひじき

私の留守中に、たけのこが届けられていた。

家に帰ってきたら、台所のオーブンの取っ手にたけのこの水煮の入ったビニール袋が結びかけてあった。
もちろん私ではない。
つまり、誰かが、私の留守に、勝手口(開いている)から入り、そこにかけたということだ。


【くれるものはありがたくいただく】

田舎暮らしの良い点として、食べものをもらえることがよく挙がる。
実際、たくさんいただく。
たけのこ、しいたけ、レタス、つわぶき、ひいてはブリの切り身や魚の味噌漬けまでいただいている。そして、美味しい。本当にありがたい。

しかし、私は一人暮らしだ。そんなに食べられない。
手際よく調理して正しく保存すればいいのだろうが、残念ながら私は料理が得意とはいえない。正直なところ、腐らせてしまうこともたまにある。

腐らせてしまうくらいなら、最初から遠慮するべきか。
比較的近所に住んでいる、移住暦16年の大先輩は「持ってきてくれるものは断るな」と言う。
そもそも、なぜ食べものを分けてくれるのか。もちろん優しさもあるだろうが、何よりも食べものが余って困っているという現状があるからだ。野菜にしろ魚にしろ、採れる量は人間には選べない。釣れるときはたくさん釣れてしまうし、野菜は皆同じ時期に実をつけてしまう。とはいえ、食べものを捨てるのは誰だって忍びない。その結果、こちらもお裾分けをいただけるのだ。
自分の都合のいいときだけもらおうというのは筋が通らない、とは大先輩の言葉。「ありがとうございます」といただいて、たまには違う形で返す。そうしてコミュニケーションが生まれ、循環が生まれる。


【自分の留守に他人が家に入ることを許容できるかどうか】

我が家の表玄関の鍵はとっくの昔に紛失していて、現時点では存在しない。ここではきっと使う必要がなかったのだろう。大家さんは「出かけるときは勝手口から出て鍵をかければいい」と言うが、それはなんとなく負けている気がして、今のところはほぼ常に開けてある。知らない車は必ず誰かが見ている小さな集落だ。まあ大丈夫だろうと思っている。

以前の私なら、鍵を開けておくことはきっとできなかった。テリトリー意識が強くて秘密主義だから、自分のスペースに無断で他人が入ることはおろか、「入るかもしれない」状況であることも許せなかっただろう。
年を重ねたことによる私自身の変化も大きいが、やはりこの土地で1年暮らしたことが何より大きい。
大分県がそうなのか、国見町がそうなのかはわからないが、このへんの人は会えば話しかけてくれるが、ぐいぐいと押してはこない。適度な距離感があって、それが心地よいのだ。(地元の友人は「それは向こうの人もあなたの様子を見てるんだよ」と言う。)いい距離感を保ってくれるであろう人たちだから、警戒する必要性を感じない。むしろ、こちらが閉ざしてしまったら向こうからも閉ざされてしまうのではないかという危惧もある。
私は全面的に委ね受け容れるから、できたら異物である私のことも受け容れてほしい。そんな気持ちで、私はここで生活しているのだと思う。


最近、田舎暮らしのいい面、美しい面ばかりが強調されている気がするが、「田舎」と一口にまとめるのは危険だ。どこにどうやって住むかによって全く異なる生活になる。国東暮らしの一発目が種田だったら、あまりのカルチャーショックで心が折れていたかもしれない。住宅地で1年暮らしてこの土地の空気感に触れたからこそ、今の心地よさがあるのだ。

たけのこを持ってきてくれたのは、きっとお隣さんだろう。
今度パンを焼いたら持っていこう。
さて、先日作ったたけのこごはんもまだ冷蔵庫にあるのだが、このたけのこをどう調理しようか。