人の想像力と無意識の深さが底なしでびっくりする

神田昌典氏著「ストーリー思考」を読んだ。
そこで紹介されている「フューチャーマッピング」を試しに書いてみたらすごかった。


フューチャーマッピング

フューチャーマッピングとは、考えたいことや解決したい課題をいったん全部横に置いておいて、その問題とは全く関係ない物語を自由に想像する。それによって、普通に頭をひねっていても思いつかないような面白いアイディアを思いついたり、問題解決の糸口が見つかったりする…という、ちょっと何を言っているかわからない手法です。

(考えてもわからないので「おもしろそう」と思った方は、動画を見ながら1回やってみるといいと思う。)
(もしかしたら最初は難しいかもしれないです。(私は昔こういうのを教えてもらったことがあるので。)でも慣れます。)

フューチャーマッピング
https://future-mapping.com/

解説動画はこちら。
https://future-mapping.com/movie/

 


プレゼントを思い浮かべる

マップを書いていくと、途中で「ある人が自分にとても感謝してくれて、プレゼントをくれる」という状況を想像する場面がある。
「プレゼントはどんな箱に入っているか」「中から出てきたのは何か」について、具体的にイメージしていく。
(もしよかったら、ちょっと想像してみてください。)

まず、私の脳裏に浮かんだのは、水色やピンクや黄色のハッピーな感じの絵柄(虹とか描いてある)で、ピンクのぼぼーんとボリューミーなリボンがついている箱。
そして、その箱を心の中で開けてみると、まるっこいけれど球体ではなくいびつな、強いていうなら木魚のような形で、ピンクや水色のパステルカラーがきらきらと光の加減で色を変える、メタリックな輝きの、なんだかよくわからない物体が現れた。

意味がわからない。

その物体のよくわからなさ(何でできているのかも謎)もさることながら、自分で考えているはずなのに、自分にもなんだかわからないものを思い浮かべてしまうことに衝撃を受けた。

よくわからないまま「まるっこくてアシンメトリのオブジェ(?)。ピンク〜水色で、表面がメタリック」とメモをして、先に進んだ。

 


プレゼントの正体

マップを書いていると、とても自分では思いつかないような言葉が出てくる。
今回気になった言葉は
・今ないことをするんじゃなくて、本当にやりたいことはこれまでやってきたことの中にある。
・ひとりでやっていると思うから息切れする。弱音をはくこと。弱いって言えたら強くなる。
だった。

書き終わったマップ全体を見返しているときに、不意にオブジェ(?)の正体に気がついた。
2年ほど前にいただいた、新潟県阿賀野市にある旦飯野神社の水琴鈴のお守りだった。
勾玉のかたちで、金属でできていて、水色なんだけどパールのようにいろいろな色に輝く。(そして、とても素敵な音色で鳴る。)

勾玉のお守りは、「応援してるよ」と声をかけてくれる人たちの象徴なのだと思った。(今までクリスタルや他のパワーストーンと一緒にしまっていたのだけれど、早速持ち歩くことにしました。)

 

私の潜在意識が、顕在意識に対して、映像でこのお守りのイメージを伝え、それを顕在意識が一生懸命解釈する(しかも一度間違える)というのは、不思議な体験だった。
潜在意識は言語を使わないということも実感したし、自分の中の意識同士ですら意思の疎通に失敗することがあるということがわかった。

自分の中にぽかんと穴が空いているような、無限の拡がりを感じた。

 


 

さて、あまりにおもしろかったので、もう一度プレゼントをもらってみることにした。

今度の箱は、青と黄色のストライプ。小ぶりの箱で、軽い。振ったらカタカタと軽い音がした。
中を開けると、黒くつやっとした小さな塊が入っていた。見た瞬間、鉄だ!(国東半島は鉄の産地です。)と思ったけれど、軽い。しばらく悩んで、黒曜石だということがわかった。しかし、真っ黒だったので姫島産ではない。(姫島産の黒曜石は白っぽいのが特徴。)

この黒曜石が何を意味しているのか。現時点ではまだわからない。でもきっと、何か大切なことを暗示しているのではないかと思っている。