人の想像力と無意識の深さが底なしでびっくりする

神田昌典氏著「ストーリー思考」を読んだ。
そこで紹介されている「フューチャーマッピング」を試しに書いてみたらすごかった。


フューチャーマッピング

フューチャーマッピングとは、考えたいことや解決したい課題をいったん全部横に置いておいて、その問題とは全く関係ない物語を自由に想像する。それによって、普通に頭をひねっていても思いつかないような面白いアイディアを思いついたり、問題解決の糸口が見つかったりする…という、ちょっと何を言っているかわからない手法です。

(考えてもわからないので「おもしろそう」と思った方は、動画を見ながら1回やってみるといいと思う。)
(もしかしたら最初は難しいかもしれないです。(私は昔こういうのを教えてもらったことがあるので。)でも慣れます。)

フューチャーマッピング
https://future-mapping.com/

解説動画はこちら。
https://future-mapping.com/movie/

 


プレゼントを思い浮かべる

マップを書いていくと、途中で「ある人が自分にとても感謝してくれて、プレゼントをくれる」という状況を想像する場面がある。
「プレゼントはどんな箱に入っているか」「中から出てきたのは何か」について、具体的にイメージしていく。
(もしよかったら、ちょっと想像してみてください。)

まず、私の脳裏に浮かんだのは、水色やピンクや黄色のハッピーな感じの絵柄(虹とか描いてある)で、ピンクのぼぼーんとボリューミーなリボンがついている箱。
そして、その箱を心の中で開けてみると、まるっこいけれど球体ではなくいびつな、強いていうなら木魚のような形で、ピンクや水色のパステルカラーがきらきらと光の加減で色を変える、メタリックな輝きの、なんだかよくわからない物体が現れた。

意味がわからない。

その物体のよくわからなさ(何でできているのかも謎)もさることながら、自分で考えているはずなのに、自分にもなんだかわからないものを思い浮かべてしまうことに衝撃を受けた。

よくわからないまま「まるっこくてアシンメトリのオブジェ(?)。ピンク〜水色で、表面がメタリック」とメモをして、先に進んだ。

 


プレゼントの正体

マップを書いていると、とても自分では思いつかないような言葉が出てくる。
今回気になった言葉は
・今ないことをするんじゃなくて、本当にやりたいことはこれまでやってきたことの中にある。
・ひとりでやっていると思うから息切れする。弱音をはくこと。弱いって言えたら強くなる。
だった。

書き終わったマップ全体を見返しているときに、不意にオブジェ(?)の正体に気がついた。
2年ほど前にいただいた、新潟県阿賀野市にある旦飯野神社の水琴鈴のお守りだった。
勾玉のかたちで、金属でできていて、水色なんだけどパールのようにいろいろな色に輝く。(そして、とても素敵な音色で鳴る。)

勾玉のお守りは、「応援してるよ」と声をかけてくれる人たちの象徴なのだと思った。(今までクリスタルや他のパワーストーンと一緒にしまっていたのだけれど、早速持ち歩くことにしました。)

 

私の潜在意識が、顕在意識に対して、映像でこのお守りのイメージを伝え、それを顕在意識が一生懸命解釈する(しかも一度間違える)というのは、不思議な体験だった。
潜在意識は言語を使わないということも実感したし、自分の中の意識同士ですら意思の疎通に失敗することがあるということがわかった。

自分の中にぽかんと穴が空いているような、無限の拡がりを感じた。

 


 

さて、あまりにおもしろかったので、もう一度プレゼントをもらってみることにした。

今度の箱は、青と黄色のストライプ。小ぶりの箱で、軽い。振ったらカタカタと軽い音がした。
中を開けると、黒くつやっとした小さな塊が入っていた。見た瞬間、鉄だ!(国東半島は鉄の産地です。)と思ったけれど、軽い。しばらく悩んで、黒曜石だということがわかった。しかし、真っ黒だったので姫島産ではない。(姫島産の黒曜石は白っぽいのが特徴。)

この黒曜石が何を意味しているのか。現時点ではまだわからない。でもきっと、何か大切なことを暗示しているのではないかと思っている。

過去と現在が同時に存在しているとすると、未来も今ここにあるんじゃないだろうか。

月に2回ほど、中学生に英語を教える講師をすることになった。
講師はふたりいるので、私はどちらかというとサポートなのだけれど、初々しいこどもたちに「先生」とか呼ばれるとどうにもこそばゆい。私は学校教育において英語が得意だったことがないので、初日に「私が英語を教えることになるなんてびっくりしてます」とかなんとか挨拶したのだけれど、その後家に帰ってから突然、大学生のときに中学・高校の英語の教員免許を取ろうとしていたことを思い出した。

私の両親は、教員だった。
小学生くらいのときに「将来の夢」なんて作文を書かされたりするけれど、夢なんて特になかったので「(両親のような)学校の先生になりたいです」と適当なことを書いていた。そのあとも特にやりたいことがないまま、「センター試験を受けなくていい」という理由で受験した大学にひっかかって進学したはいいものの、ついに将来を考えなくてはいけなくなって、「教員以外の仕事のイメージが全くわかない」という理由で教員免許を取るべく単位修得に励んだ。大学3年間で単位は集まったのだけれど、「さて、教育実習に行こう」と思ったら、その大学には「成績の悪い学生は教育実習には行かせません」という規定があり(とってもいい規定だと思います。)、常に単位ぎりぎりで乗り切ってきた私は教育実習に行けず、もちろん教員になることはできず、なんだかいろいろあって今ここ国東にいる。

教員になるのが夢だったとは思わないし、むしろなれなくて良かったと心から思うのだけれど、それでも一度は目指した職業に関わっていることに(自分自身すっかり忘れていたとはいえ)感慨を覚えずにはいられなかった。

でも、国東ってそういう場所だよなあとも思う。

昔「いつかこんなことができたらいいなあ」と思ったお店を本当に作ってしまうとか(Atelier素家さん)、「カポエイラを習いたい」と思いつつもずっと機会がなかったのに突如国東にカポエイラ同好会ができてしまうとか、いつかと思っていたことが現実になるという話はもはや「国東あるある」なんじゃないか。

昨日は、ピタゴラスイッチの曲で有名な「栗コーダーカルテット」のライブが日出町(日出町を国東に入れていいのかという議論はさておき)のカフェ、kamenosさんであった。
私は10年以上前に買ったアルバムが大好きで、今でも聞いているし、心がささくれたときにはいつも助けてもらっていた。あのあたたかな音色を生で聞きながら、当時の浅はかなりに一生懸命生きていた自分と出会ったような感覚を覚えた。

過去と現在と未来は別のものだと思っているけれど、本当はすべて同時に存在するのではないか。クリストファー・ノーラン監督の「インターステラー」では、ブラックホールの中が過去につながっていたけれど、国東には過去と現在の境界が薄くなる瞬間がある。「思い出す」とか「がんばって実現する」というような過去からつながる流れとは全く別の、「過去のある瞬間と現在がピンポイントでつながる」という感覚。

最近はちょっと慣れてきて、不思議だと思っても「まあ、国東だしな」で納得してしまう自分もいる。

貨幣を介さない経済圏〜種田の寒ひじきがはじまりました。

新潟にいた頃、「お金に縛られない生き方」(副業や複業、半農半Xなど)について考える機会が身近にあった。その中で「貨幣を介さない経済」(いわゆる物々交換)について話し合ったり実践する機会もあったのだけれど、いろいろ試した結果「でもやっぱりお金って便利だな」という結論に至っていた。
そのままそんなことは忘れていたのだけれど、最近突如種田に「貨幣を介さない経済圏」が出現した。


寒ひじきをご存知でしょうか。

話はしばし遡る。

「国東に来てから美味しさを知った」という食べものが結構ある。ジビエやマテ貝など、それまで一度も食べたことのなかったものもあるし、最近いただいた朝採りしいたけもまた絶品だった。
その中でも、寒ひじきの美味しさは衝撃的だった。

ひじきを食べたことがないという人は、おそらくいないのではないか。時には御膳の小鉢として、あるいはお弁当の惣菜として、好き嫌いに関わらず口にすることの多い食材だと思う。

ひじきは、このあたりの名産品である。
毎年4月になるとひじき漁がはじまる。種田でもひじき漁が盛んで、この時期になるとメインストリートが天日干しのひじきに占拠されてしまうほどだ。
(参考記事:田舎暮らしで驚いたこと。〜鹿とひじき。

道路一面を埋め尽くすひじき。
道路一面を埋め尽くすひじき。

それが、いわゆる普通のひじきである。
寒ひじきは違う。

寒ひじきは、「寒」の名のとおり、12〜1月の寒い海で採るひじきである。まだ若い芽を採るため、漁が解禁されるのは1年にたった1日。実質的には早朝の4時間程度だという。このときに採られずに残ったひじきが、やがて育ち、春のひじきシーズンに採取されて店頭に並ぶ。


なぜ私がこんなにひじきに詳しくなったのか

さて、種田に住む磯崎さんの家では、毎年寒ひじきを採っていた。
今までは家族で食べたり、道の駅に卸したりする程度しか採っていなかったのだけれど、今年から本腰を入れてみようという話になったらしく、そのパッケージをデザインしてほしいと私に依頼(!)をくれた。

デザインを起こすために、ひじきについて調べてみた。
すると、なんと想像以上に栄養が含まれていてかつ低カロリーという、恐るべきポテンシャルを秘めた食べものだということがわかった。
(具体的には、カルシウムは牛乳の12倍。食物繊維がごぼうの7倍。マグネシウムがアーモンドの2倍で、ビタミンAも豊富だそうです。さらに、鉄釜で茹でたひじきは鉄分も豊富!)

調べられるだけ調べてから、磯崎さんに話を聞きに行った。
寒ひじきが1年で4時間しか採れない貴重なものだということはわかったけれど、そんなに普通のひじきと違うものなのか。すると、寒ひじきの煮物を分けてくれた。お皿にたっぷり盛ってくれたので、半分は取っておいて夜食べようと思いながら一口食べてみたところ、あまりの美味しさに全く途中で止められず、「わーー!なにこれ!え?うっまーーー!!」と大騒ぎしながらすべて食べ尽くしてしまった。

どう違ったのか。
食感が全く違った。

今までは、肉厚でふんわりと炊き上げたものが高級な「いいひじき」だと思っていたのだが、寒ひじきは完全にベクトルが違っていて、しゃきしゃきとした歯ごたえと磯の香りが後を引く、これまでのひじきの概念を覆す一品だった。
(寒ひじきでもやわらかめに茹でてあるものもあるそうです。)

ひじきといえば、和膳に似合う定番の食材で、しっとりした煮物のイメージだった。それを反映しているのだろう、ひじきのパッケージといえば白地に黒の筆文字で「ひじき」と書かれたものがほとんどだ。
しかし、寒ひじきはなかなかにアグレッシブ(?)だったので、これは普段ひじきを積極的に食べないような女性にこそ食べてもらいたいなあと思い、筆文字ではない、ポップなパッケージができあがった。

そして「こんなに美味しい上に栄養たっぷりの食べものがあるなんて、たくさんの人に知ってほしいし、食べてほしい!」と思ってしまったので、販売を請け負ってくれそうな人や飲食店さんに話をしてみたりしているところである。


貨幣を介さない経済圏

デザイン料はいただいたのだけれど、広く販売するにあたって検査に出したり、Amazonでラベラーを買ったり、販売にあたって納品書を作ったり…と最近では代理店のようになってきている。「手数料をもらったほうがいいんじゃないですか?」と心配してくださる方もいるのだけれど(ご本人からも「必要な分は請求してね」とも言われているけれど)、実際のところそれ以上の恩恵を受けている。

新鮮な野菜や魚(今日はボラのお刺身をいただきました!)をはじめ、様々なおかず(今日は魚の煮付けをいただきました!)をいただいたり、つい先日は「荒井さんはしゃーしい(忙しい)やろうから」と庭の草刈りまでしてもらった。
「えー!こんなにいいんですか!!!」といつも思うのだけれども、「あるものはなんぼでも持っていき。ないものはやらんよ(笑)」とおっしゃってくださるので、全面的に甘えている。

気がつけば、多少の事務作業で生活が格段に豊かになるということが起きていて、「これはあの【貨幣を介さない経済圏】というものではないだろうか」と気がついた。

なぜ、この場所で成立したのか。

物々交換においては、お互いの持っている物が等価であることが前提となる。
私が提供できるもののうち、たとえば占いや絵は「あったらあったでいいけれど、なくても別に困らない」という種類のものだ。1度きりの物々交換なら成立するだろうが、長期的にサービスを提供し合うような関係性は難しいだろう。「今月は車検があるから、占いとかどうでもいいからとにかく現金がほしい!!」というような場合、その時点で私のサービスの価値は下がり、等価ではなくなる。

その点、今回私が提供できたのは販売のための環境づくりと実際の販路の開拓であり、それは磯崎さんにとってどうしても必要なものだった。一方で、食べものは私にとって絶対的に必要なものであるし、草刈りも必ずやらなければならない。どちらも、それぞれの生活において絶対に削れない要素である。さらに、磯崎さんはパソコンを使わないし、私は畑も釣りもしない。そういう絶妙なバランスの上に成立したのではないだろうか。

お互いが、絶対的に必要としているけれど自分自身では賄えないものを提供し合えること。
それが「貨幣を介さない経済」が成立する条件なのだと思う。

今回は、結果的にうまくまわっているけれど、個人的には「この経済圏を広げたい!」なんてことは全く考えていない。でもせっかくこんな面白い感じに展開したので、何かのご参考になったら幸いです。


おまけ:寒ひじきの食べ方

さて、そんなしゃきしゃきと美味しい寒ひじきだが、水で戻してそのままサラダで食べても美味しい。私がいちばん好きなのは、ひじきの味噌汁だ。あまり火を通すと柔らかくなってしまうので、火を止める直前に足すと美味しい。いろいろ試した結果、豆腐と小ねぎとひじきの組み合わせが至高だと思っている。もちろん、定番の煮物も美味しい。

最後に、ひじきに含まれるヒ素について。
ひじきはヒ素が多く含まれているそうだが、ヒ素は水に溶ける。30分以上水で戻すことで、含有量はだいぶ減る。(その水は調理に使わないでください。)気になる場合は、水で戻した後にさっと茹でるとさらに減らすこともできる。

また、ひじきは日本では縄文時代から食べられているらしいのだが(なんと土器に付着していたそう。)、これまでひじきによるヒ素中毒の報告は一件もないということを併せてお知らせしておきます。

ヒジキ中のヒ素に関するQ&A-厚生労働省